© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Instagram App Icon
  • LinkedIn App Icon

​最新ニュース

November 5, 2019

私が理事長をしているマンションでは、10月1日より新しい管理会社が働いてくれています。

デベ系から独立系の合人社計画研究所へのリプレイスでした。

結論から言うと、「リプレイスして本当に良かった」と思います。

そして、リプレイス直後に最大級の台風が首都圏を直撃し、その対策を合人社計画研究所の社員と対応したことで、様々な気づきがありました。

一番の気づきは、自家発電の容量と運転方法です。

停電と断水が同時に発生した場合、超高層の当マンションは、その対策をマニュアルとして具体的な行動指針となっていないことです。

今週、深川消防署に出向き、自家発電の燃...

October 27, 2019

 私が理事長をしているマンションでは、毎月「広報誌A3裏表」と「理事長のつぶやきA4・1枚」をセットで、全戸投函しています。

上記は、その一部で、当マンションの位置は、湾岸エリアであるが、浸水リスクも少なく、下水は雨水管と汚水管が分かれている分流式です。したがって、大雨で雨水管が破裂しても汚い水が出てくることがないエリアです。住民も聞いて安心しています。

昨今の台風で、タワーマンションに逆風が吹いていますが、まずは建設エリアのハザードマップを確認し、適切な災害対策を取りましょう。

私のマンションでは、様々な対策を検討しています。

「水害によ...

October 15, 2019

最大級の台風が日本列島を襲い、甚大な被害を受けてしまいました。

私が理事長をしているタワーマンションはノーダメージでしたが、一部のタワーマンションでは停電や断水が発生しているところもあります。

やはり、東日本大震災の時に痛感したのは、タワーマンションで停電と断水が発生した場合に一番困るのは「トイレ」でした。

当時は何も考えず、風呂の水で普通に流していましたが、汚水処理や配管破損のことまで頭にありませんでした。

災害が日常化している昨今、タワーマンション理事会は、今すぐに停電時の自家発電発動と汚水処理施設の容量のマニュアルを作り、早急に住民に...

October 7, 2019

 10月6日(日)株式会社ベアーズ本社にて「マンションでより良く暮らす方法」というテーマで当協会代表理事の副島の講演と高橋ゆき副社長との対談が開催されました。

参加者の9割は女性で、8割はマンションに住んでいるという方が参加しました。

定員30名に対して40名の申込があり、会場は満席となりました。

マンションは購入するときには真剣に時間も労力も掛けて検討するのに、入居してからは一番大事な「マンション管理」については、大半の方は「興味」もない。

実は「マンション購入」と同じくらい「マンション管理」は重要であることを知られていない。

マンションを...

September 29, 2019

10月6日(日)に株式会社ベアーズの高橋ゆき副社長と対談しますが、マンション生活には大きな声で言えない問題が沢山あります。

それを具体的に解決するのが、管理組合であり、理事長の役割です。

その中には、多岐に渡る信じられないような事件や事故が起こるのです。

もちろん、大規模マンションならではの楽しい住民交流イベントや自慢できるような豪華な共用施設もあります。

しかし、そのイベントや共用施設の使用細則を運用し、より良く改善することができるのは管理組合の代表である理事と監事しかいないのです。

したがって、「やる気のない」理事会だったtり、任期が1年...

September 8, 2019

大規模マンションにとって、損害保険料は年間1,000万円を超える場合もあります。

今、管理組合がやらなければならないことは、損害保険の見直しです。

普通の管理組合なら、既に終わっていることでしょう。

私が理事長をしているマンションでも、様々なシミュレーションをしながら、慎重に検討し、昨日調印しました。

今、損害保険を見直す理由は、10月1日から保険料率の改正があり、支払い保険料が大幅に多くなるからです。

損保は、マンション内での事故や修繕をカバーするだけでなく、地震保険もあり、大きな負担となります。

もし、理事会の議事録にこの項目がない場合は、...

August 16, 2019

驚く様な事例が報告されています。

2つ事例を紹介します。

会社名を公表したいのですが、ここはグッと抑えて、協会のセミナーなどでお話したと思います。

まずは、長期修繕計画の見直しを外部コンサルに委託したケース。

通常は、管理会社が5年毎に物価上昇率や建設費の変動を考慮し、事務的に長期修繕計画の見直しを実施します。

しかしながら、管理会社が信用できなかったり、セカンドオピニオンで第3者に委託する場合もあります。

その際の費用について、理事会で確認し、共有しなければなりません。

通常は、机上の計算ですので、その事務作業費が請求されます。

勿論、その金額は...

July 15, 2019

私が理事長をしているタワーマンションでは、6年目で初期設定の全ての業者を入替えました。

そして、全てにおいて「費用が安くなり、サービスが向上」しました。

ひとつひとつ説明したいのですが、とても長くなってしまいます。

その結果、6期末の管理費会計の黒字は2億4,000万円となりました。

修繕積立金会計に1億円を移管し、7期以降2,000万円ずつ移管していきます。

15年目の大規模修繕工事には、1億円+2,000万円×8年=2.6億円がプラスされます。

つまりそれを世帯数で割ると43万円となり、1世帯当たり43万円が配られることと同等になります。

修...

July 10, 2019

当協会には様々なタワーマンションの方から相談があります。

その事例を紹介します。

「管理会社の変更について」です。

まずは、管理会社の変更には2つの要因があります。

一つは能力不足による不満、もう一つは管理委託費自体の不満です。

我々が毎月支払う管理費の大半は、管理会社へ支払う管理委託費です。

そして、その管理委託費は、我々がマンションを購入する際に決まっています。

したがって、「言い値」で支払っているのです。

世の中には、2,000社以上の管理会社があります。

マンションを購入する際に、本体価格は気にします。

それは、世の中に相場があり「競争価格」と...

June 19, 2019

 素晴らしい眺望や豪華な共用施設は、そのマンションを購入すれば手に入ります。

しかし、住み心地の良さは、住民が創り上げていくものです。

最近の国交省の調査によると、マンションを終の棲家にすると答えた人は63%となり、過去最高となりました。

一昔前は、マンションから戸建てに住み替えることが、住環境のステップアップと考えられてきました。

でも、よく考えてみると、戸建てはハンマー一つで簡単に侵入されてしまいます。

昨今の無差別殺人など凶悪犯罪が横行する中、セキュリティーのしっかりしたマンションに住んでいると、戸建てに買い替えるという選択肢は、とても...

Please reload