© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Instagram App Icon
  • LinkedIn App Icon

​会社概要

社名 一般社団法人全国タワーマンション協会

設立 2017年5月12日

 

目的 

タワーマンションにおける共通の問題点を共有し、その解決策を共有し実行することにより、効率的により過ごしやすいマンションライフを創造すると共に、近隣マンションとの連携により21世紀型の新しい地域社会の発展に貢献すること、その目的に資するため、次の事業を行う。

(1)  タワーマンション管理組合役員への教育事業

(2)  タワーマンション管理組合へのスケールメリットを活かした

   サービスの提供

(3)  タワーマンション理事会交流

(4)  タワーマンションに関する情報提供及び出版

(5)  前各号に付帯する一切の業務

​創業メンバー

代表理事  副島規正(タワーマンション1期2期5期6期,、7期i現在理事長)

<略歴>神戸大学卒、日本生命・IT関連企業を経て経営コンサルタントとして独立19年目。タワーマンション理事長としてメディアで多数取り上げられる。

主なネット上の記事

「600世帯の高層マンションの超・ご近所コミュニティに学ぶ交流&カイゼン術」http://www.mlab.ne.jp/columns/community03_20140911/

「湾岸タワーマンションに、「町内会」的コミュニティが生まれたワケ」

http://suumo.jp/journal/2014/01/06/56874/

理事長は憧れのヒーロー

https://ameblo.jp/nobuko-hirota/entry-11893941811.html

初挑戦!大規模タワーマンションで全員参加型の防災訓練

http://j-town.net/tokyo/life/suumo/142719.html?p=all

理事長としての実績 → 総会は2年間で6回実施、74議案を決議する。

<住民交流>

  1. タワーマンション1期2期理事長として、年間50回以上の住民交流イベント実施。入居2ケ月目の「防災共助の挨拶大会」では、当時550世帯入居の中280世帯(50%)が参加。様々な住民交流イベントの結果、1年後の防災訓練参加率は60%を超える。

  2. プロの技術を持った住人を集い「プラウド商店街」を実施。マンション内で「ヨガ教室」「ダンス教室」など、様々なレッスンを格安で受講できるシステムを創り上げる。

  3. 5期では新規に全国初RIZAPトレーナーが来館し、マンションで「RIZAP3ヶ月集中セミナー」開催。また「マンション送迎付き、はとバス日帰りツアー」や「ラジオ体操」を企画し、大盛況となる。

  4. 6期から「プラウドビューイング」と称し、52階屋上にて、120インチスクリーンで映画鑑賞会を開催。

  5. 7期からは、新鮮野菜とフルーツの直売会をマンション内で2週間に1回開催。新鮮で美味しい野菜とフルーツがマンション内で購入できると大好評!

<管理費削減>

  1. 1年目より以前のマンションでお世話になったSJS(株式会社ソーシャルジャジメントシステム)と契約。1年目より交渉し2年目から管理委託費を2,000万円削減

  2. 2年目でコンシェルジュ会社をアスクからベアーズにリプレイス。度重なるミスに呆れる。ベアーズは家事代行常駐付で、年間120万円削減。家事代行は現在600世帯中100世帯が定期契約にて利用。さらに月間100世帯がスポットで利用し、家事代行は決まった人にお願いできることに安心感があり、狙い通り定着する。

  3. 同様に2年目でアスクのカーシェリングをオリックスにリプレイス。年間1台で144万円の支出が無料で3台(現在4台)と近隣の車両数十台が利用できるようになる。居住者の利便性は格段に向上する。

  4. 植栽会社は、入居当初から不備があり改善が見込まれず、2年目にイビデンから東邦レオにリプレイスし、年間80万円削減できた上に植栽が見違えるように手入れされる。

  5. 6期末で管理費会計2億4,000万円の黒字となり、1億円を修繕積立金に移管。7期以降も毎年2,000万円ずつを修繕積立金に移管し続けることを総会で決議。潤沢な財務内容となる。

<建築修繕・長期修繕計画>

  1. 新築で最も重要な2年目アフター点検があり、SJSに委託し、1回目の削減分の半額はSJSに支払い(1年分の削減分の半額を1回支払う契約)残りの中から700万円で2年目アフター点検を実施。総額3億円程度の無償工事を実施。1円も使わずに実現する。6年目の現在も2年目アフター工事は継続中。

  2. 専有部においても2年目アフター工事は重要で、私の考案で全国初「専有部2年目アフター点検工事説明会」を実施。600世帯中401世帯が参加。参加者から高い評価を受ける。

  3. 5期現在、長期修繕計画の見直しを実施し、消費税だけで2億円が増額。しかしながら、様々な削減の結果、管理費会計の黒字(5期で累計2億円、今後も1年で5,000万円程度が黒字となる予定)の一部(1億円及び毎年2,000万円)を修繕積立会計に移行することにより、住民の支出は上がらず予定通りの修繕積立金支払額となる。

  4. 5期ではさらに、非常用エレベーターにエアコンを設置。快適な暮らしを追求し続ける。

<共用施設改革>→利用時間・利用料金の使用細則を改善

  1. 「レンチン」のカフェから、本格的な料理を提供するレストランに改革。マンション内で美味しい料理が食べられ、アルコールの提供も実施。

  2. AVルームにカラオケを導入。利用者が30倍になる。電子レンジ・冷蔵庫なども導入し、現在人気施設となる。利用時間も深夜2時まで延長する。さらに電子ピアノも導入し、防音の部屋で思う存分練習もできる。

  3. フィットネスルームに定期券・回数券の仕組みを導入。本格的な筋トレのマルチマシンとバーベルセットを導入。利用者は10倍となる。利用時間も朝5時~深夜2時まで延長する。

  4. 45階パーティールームにワイングラス・フライパン鍋セット・電気ケトルなど導入。利用料金を半額以下にして利便性を向上。人気施設となる。

<その他>

 ドラマ撮影時に契約書を締結。寺脇康文さん・小池栄子さん・福士蒼汰さん・土屋太鳳さん・高良健吾さん・城田優さん・橋本マナミさん・高橋克典さん・永井大さんなど、多くの著名な俳優が来館。住人との集合写真の撮影も実施。「花のち晴れ ~花男next season~」が撮影され、杉咲花さん・中川大志さん・高岡早紀さんが来館。

「家売るオンナの逆襲」では千葉雄大さんと加藤諒さんが来館。

最新撮影では、映画撮影で長澤まさみさんが来館。

理事  星川太輔(タワーマンション5期~8期理事長)

<略歴>慶應義塾大学卒、

                一般社団法人DoubleEducation代表理事【 http://d-education.org/