© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Instagram App Icon
  • LinkedIn App Icon

​最新ニュース

タワーマンション災害対策セミナー開催のお知らせ

昨今のタワーマンションにおける災害時の被害が報道される中、どのような対策が必要なのか、セミナーとディスカッションで、対策を考えます。

日時:2020年2月2日(日)14:00~16:00

場所:都内タワーマンション会議室

定員:20名

​内容:①湾岸エリア等のハザードマップ検証とその対策

   ②エリア停電・断水の際の自家発電運用マニュアル紹介

   ③災害対策ディスカッション

   ④自家発電施設見学

参加費:会員無料・非会員10,000円

申込フォーム

June 19, 2019

 素晴らしい眺望や豪華な共用施設は、そのマンションを購入すれば手に入ります。

しかし、住み心地の良さは、住民が創り上げていくものです。

最近の国交省の調査によると、マンションを終の棲家にすると答えた人は63%となり、過去最高となりました。

一昔前は、マンションから戸建てに住み替えることが、住環境のステップアップと考えられてきました。

でも、よく考えてみると、戸建てはハンマー一つで簡単に侵入されてしまいます。

昨今の無差別殺人など凶悪犯罪が横行する中、セキュリティーのしっかりしたマンションに住んでいると、戸建てに買い替えるという選択肢は、とても...

May 30, 2019

7年目を迎えるタワーマンションの事例を紹介します。

そのマンションでは、6期通常総会にて管理会社のリプレイスを上程します。

そして、ついに入居当初の業者はいなくなります。

我々が購入するマンションは、最初から取引業者が決まっています。

そしてその価格は、競争原理が働かない「言い値」で入っています。

したがって、我々がビジネスでもプライベートでもモノを購入する時に、当たり前のようサービスと価格を比較するという行為は、入居してからしかできません。

管理会社については、1年目で検討し2年目より2,000万円の削減を実現しています。

その他の業者も2年目...

April 1, 2019

3月30日(土)セミナーを開催しました。

第一部「マンション管理組合の運営で大切なこと」として、3つのポイントを示し、それぞれの成功事例を紹介しました。

第二部「マンション修繕の実態」として、専門家によるチェックで明らかにあった信じられない瑕疵や不具合の事例を紹介しました。

一番ダメな管理組合は、すべて自分たちでやろうとする管理組合です。

大規模マンションで、建築修繕の専門家が例え理事会にいても、その理事は自身の仕事を持ち、忙しい合間にしか動けません。

さらに、理事会メンバーは、多くても2件か3件のマンションの事例しか経験できません。しかも、...

February 27, 2019

当マンションも管理会社から値上げの提示がありました。

皆様のマンションはいかがでしょうか。

人件費の高騰や消費税アップで仕方ないと考えるでしょうか。

【ダメな管理組合】

まさかその値上げを受け入れて、区分所有者に「管理委託費の値上げがありましたのでその分管理費は値上げします。月額4,000円程度です。」みたいな右から左の管理組合はないでしょうけれども、実際はこれが主流なんです。

【普通の管理組合】

現行の管理会社と交渉し、値上げ率を30%減額してもらい、値上げ幅を圧縮したので区分所有者には月額2,800円の値上げをすることを総会で決議する。

【優...

February 13, 2019

各階エレベーターホールにあるユニット式LEDライトが3連式である。

高層階で1個、消えている。

50階分、その3連式ユニット式LEDライトがある。

1個交換しようと、管理会社に値段を確認すると「8万5,000円です」との回答。

「いやいや1個のLEDライトの交換だよ」

「はい、ユニット式なので1個8万5,000円です。長期中前計画に組み込まれています。」

「は~、では1フロアー85,000円×3=255,000円、それが50階分で、12,750,000円なの?」

「はい、そうです。」

「そんなランニングコストが掛かるような立派な照明はいらない。」

と...

September 22, 2018

消火器は約5年で使用期限が切れます。

普通に管理会社が「使用期限が切れたので交換します」と見積書を持ってきた。

「600万円です。修繕計画で650万円の予算を取っていますので50万円も安くなりました」と。

皆さんが理事長なら、どうしますか?

予算より50万円も安いなら、まあいいか、と思いますか。

私はネットで同じメーカーの消火器の最安値を調べました。

1台2,800円でした。

600世帯で168万円。

リサイクルシールが500円、600世帯で30万円也。

200万円で収まりそうだ。

600万円ってどんな内訳か、それは業者が消防点検の際に新品の消火器と期...

September 19, 2018

私のところには、多くのタワーマンション理事長や居住者まで相談に来ます。

その中で、ある近隣のタワーマンションの居住者からの次のような相談がありました。

理事経験者が軒並み引っ越ししていくので理由を聞くと、「管理費会計が赤字」ということが原因で引っ越しすると、ようやくママ友から聞き出したとのことでした。

理事になると今まで興味さえなかったマンションの実情が判ります。

そして、そのタワマンの最大の問題点は次の通りです。

築10年程度だが、未だに理事の選定は、「輪番制」「立候補なし」「1年制」を継続していること。

しかし、そのようなマンションは珍しく...

July 31, 2018

5月13日(日)から始まった「RIZAP×タワマン 3ヶ月集中セミナー」が最終日を迎えた。

まだ3ヶ月は経過していないが、トレーナーが来館しての「講義とトレーニング」ここで終了する。

特筆すべき点は、糖尿病で薬を飲んでいた受講生が正常になり、薬を飲まなくても良いという医師からの診断があったことだ。

今回は奥様の勧めで締切ギリギリで夫婦で申し込んだ。

ご主人は半信半疑のまま、奥様と一緒に参加することで、トレーナーの指示に従って食事管理とトレーニングを自分のペースで実施した。

そしてその結果、体重は減少、筋肉が増加し、糖尿病の基準であるHbÅ1c...

July 4, 2018

 6月30日(土)「建物劣化診断勉強会」を実施しました。

参加者からは「参加して本当に良かった」という言葉をいただきました。

大規模マンションの修繕関係は、理事会のリソースでは対応できず、管理会社任せになることが多いですが、果たしてそれで良いのでしょうか。

管理会社は売主の子会社やグループ会社であることが多く、本当に管理組合の立場に立って建物診断を遂行できるのでしょうか。

勉強会では、本当にあった「信じられないような瑕疵」の事例と、その際の売主の対応について生々しくお話いただきました。

参加者からは、「第3者に建物診断を依頼したら、管理会社と...

June 28, 2018

タワーマンションには充実した共用施設がある。

その中でもジム施設は維持管理の費用も少なく、有効活用したい施設だ。

そこで、ライザップトレーナーがタワマンに来て、食事指導と運動指導を行うという企画が始まった。

通常は決められた時間にRAZAP施設まで行き、そこで着替えてトレーニングや講義を受ける。マンツーマンだから当然価格は高い。

RAZAPは入会金5万円、1ヶ月15万円だ。

3ヶ月のボディメイクを実施すると50万円という費用が必要だ。

しかも、決まった時間に通わなければならない。

当企画は、多くのタワーマンションの共用施設としてジム設備があり、自...

Please reload