© 2023 by Name of Site. Proudly created with Wix.com

  • Facebook App Icon
  • Twitter App Icon
  • Google+ App Icon
  • Instagram App Icon
  • LinkedIn App Icon

6年間で総入れ替え。管理会社・コンシェルジュ・植栽・カーシェアリング・コピー機・レストラン。

July 15, 2019

私が理事長をしているタワーマンションでは、6年目で初期設定の全ての業者を入替えました。

そして、全てにおいて「費用が安くなり、サービスが向上」しました。

 

ひとつひとつ説明したいのですが、とても長くなってしまいます。

 

その結果、6期末の管理費会計の黒字は2億4,000万円となりました。

修繕積立金会計に1億円を移管し、7期以降2,000万円ずつ移管していきます。

 

15年目の大規模修繕工事には、1億円+2,000万円×8年=2.6億円がプラスされます。

つまりそれを世帯数で割ると43万円となり、1世帯当たり43万円が配られることと同等になります。

 

修繕積立金不足が問題視されている中、管理組合の努力で、ここまでできるのです。

 

しかも、1億円以上は管理費会計の内部留保として置いています。

このお金を使って、様々な設備投資をする予定です。

 

私が理事長に復帰した5期では、次のことを実施しました。

 

1.非常用エレベーターにもエアコン設置(ペット飼育の住民から絶賛)

2.キッズルームのママの座席を6席から20席に拡大しテレビ導入

3.1階トイレをおしゃれに改修工事

4.レストランのテーブルを大型に入れ替え

5.1階ロビーのソファー下の絨毯を高級なものに入れ替え

6.45階パーティールームにテレビ2台・レコーダー2台・Wifi設置

 

など、理事会で稼いだお金は、マンションのバリューアップに使っています。

 

さらに、新たなイベントも実施しています。

 

1.マンションでライザップ(グループレッスン3ヶ月で7万5千円と激安で成果絶大)

2.マンション発着はとバスツアー

3.120インチスクリーンと高性能スピーカーで観る映画・ライブ鑑賞会

4.夏休みラジオ体操(毎年約150名が参加)

5.ママ会復活

6.52階屋上庭園で事前申請でバーベキューなど飲酒飲食可能に

7.月2回朝採り新鮮野菜とフルーツの販売(毎回長蛇の列でとても喜ばれています)

 

など、新たな住民交流イベントも実施し、益々「住み心地の良い」マンションになっています。

 

私が取り組んでいるマンション改革について、当協会で伝授しています。

マンションに永住したいと考える人が63%と過去最高になり、「管理組合力」が問われる時代になってきました。

 

皆様がお住いのマンションの「管理組合力」高いですか、低いですか・・・

現在「管理組合力」の定義を検討し、間もなくメルクマールとなる指標をご提示します。

 

また、私の取組を著書にしています。

 

「本当に役に立つマンションの本」というタイトルで、私自身が体験した真実のみを記載した著書です。

 

間もなく完成しますので、是非ご一読ください。

 

 

 

Please reload